雨の日も快適ドライブ!

雨の日の運転に向けて

事前に雨対策をすれば雨天の運転も怖くない!

テクスチャー01雨の日のドライブは危険と言われています。
その理由は、雨の日は視界の状況が悪化するうえに、雨の音で外の音が遮断され、更に障害物が出てくるなど悪条件下での運転になる為です。
自動車を安全に走行する為の、雨対策が必要になってきます。
その基本の対策で、最も安上がりで簡単なのがワイパー交換です。
車のメンテナンスの中でも、視界をクリアに保つことが安全走行の第一です。
晴れの日には、ワイパーの必要性は感じなくても、雨の日にはワイパーは必需品なのです。
ワイパーの状態で雨の日の視界の状況が格段に良く変わります。
窓が汚れた状態で、視界が良くない状態では、事故を起こしても不思議ではないのです。
雨になってから交換ではなく、普段からワイパーは定期的に点検しておく必要があります。
ゴムが切れてしまって交換したのでは、ガラスを傷めてしまい視界を悪くしてしまいます。
消耗品であるワイパーは劣化してからの交換でなく、定期的に行う必要があります。
自分でも簡単に取り外しが出来ますので、挑戦をしてみて下さい。
雨の日の運転で、視界が悪くなるのは自分だけではなく、他のドライバーも同じですので、その為の対策としては、雨天には視界が悪くなりますので、1)昼間でもライトをつける、2)自分だけではなく周囲にも、特に歩行者には気を配る必要があります。