雨の日の車内の水濡れ対策

2014.7.22|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

梅雨の時期になると雨の日に車で出かけるという機会がとても多くなります。
しかし雨の時に気になるのが車内の水濡れです。
雨の日の場合、車から降りるときは必ず傘を差しますので戻ってきた時には傘が濡れてしまっています。
それを足元に置いてしまうと水滴が落ちてしまい、マットに水分が吸収されてしまいます。
特に子供を良く乗せるという人は注意が必要です。
チャイルドシートに乗せたりする場合、ドアを開けっ放しにしなければなりませんので、必然的にドア付近が蒸れてしまうのです。
足元などが濡れてしまうと、カビの原因にもなってしまいますし、汚れも気になってしまいます。
車内の雨対策は、梅雨に入る前にしっかりと行っておくことをおすすめします。
傘はシートの後ろに吊るしておけるような傘ケースに入れることで、水滴が付いてしまうのを防ぐことができますし、足元にはクリアマットを敷いておくことで、濡れた足で乗車しても水滴がマットに吸収されることがないので安心です。
こういった少し対策を取っておくことで、シートや足元にカビが生えてしまうのを防ぐことができるのです。
クリアマットや傘ケースなどは使用したらしっかりと乾かしておくことで、カビの発生を防ぐことができます。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。