雨対策の基本はワイパー交換!

2014.7.22|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

雨の多い時期になると安全運転に気をつける必要があります。
そのような日は視認性が悪くなるためワイパーでウィンドガラスの水を切って走行しなければとても危険です。
しかしワイパーは消耗品で、交換が必要なパーツなのです。
長く使用していると水切れが悪くなり視認性が落ちてしまいます。
まずワイパーはゴムでできているので劣化してしまいます。ゴムは熱によわいのです。特にフロントガラス部分のワイパーは直射日光によって熱くなってしまいすぐに劣化してしまいます。
劣化するとひび割れや先端部分が切れてしまったりします。またワイパーはガラスに常に設置しているので形も変わってしまい本来のきれいに水を切るという効果がなくなってきます。
そうなる前に交換が必要なのです。ワイパー交換は主に2つの方法があり、ワイパーのゴム部分だけの交換と、ブレードごと交換する方法です。
ワイパーは車種によっていろいろな長さがあります。これらは取り扱っている店で車種別のサイズ表などがあるのでそれを参考に購入するといいでしょう。
交換が難しいと考えている方は、ブレードごと交換する方が簡単です。ワイパーのアームとブレード部分にボタンのような所がありそこを押しながらスライドさせると取り外すことができます。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。