ドアミラーの水滴対策

2014.7.22|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

雨が多いこの季節、車の運転をするときには視界を遮る雨滴は本当に嫌なものですよね。既にフロントウィンドウには撥水コーティングを処理することが一般的になってきていますが、ドアミラーへの対策はもうお済でしょうか。例えば高速道路でのレーンチェンジをするときとか、雨のショッピングモールで駐車場などで駐車をするときなど、車の横方向に気を使わなければならない時は案外多いものです。しかしこうした時にミラー一面にびっしりと雨滴がついている場合、車の側面がうまく確認できず危険な思いをする場合が少なくないと思います。こうした状態に陥らないように、ミラーに親水コートを施すことをおすすめします。親水コートとは撥水コートのように雨滴を弾き飛ばしてしまうのではありません。撥水コートは走行中に前面から風を受けることによって水滴を飛ばしてしまうものですが、ドア部分のミラーは決して風が強く当たるわけではありません。したがって撥水コートでは十分な視界を確保できない恐れがあります。親水性のコートは水をはじくのではなく、水の表面張力を弱めることで水滴が鏡表面に付着するのを防ぐことで視界の確保をしようとするものなのです。ですから、風雨の量に関係なく、水滴がまるで鏡の表面に溶け込むように流れ落ちていくのです。これで雨でも安全な運転が可能になるのです。一度試してみてください。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。