自分でも簡単にできる!ワイパー交換のコツ

2014.7.22|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

ワイパーは消耗品のためメンテナンスが必要なパーツです。
これはゴムでできているためどうしても劣化してしまいます。まずゴムは劣化すると硬くなってしまいます。
劣化の原因は主に温度や太陽の光線などです。ウィンドガラスにあるのでどうしても熱の影響を受けやすくすぐに硬化してきてしまいます。
またウィンドがラストの接地部分はとても細くなっているのでより劣化しやすくなります。
そのため破れたりひび割れたりします。そのようになってしまうと本来の機能を出すことができず、ちゃんとウィンド面の水を取り除くことができなくなってまったり、水の線ができてしまったり水切れが悪く見にくい状態となってしまいます。
しかし取り替えるとなると面倒と考えている方も多いかと思いますが、コツさえ掴めば自分で簡単に交換できます。
これはアーム部分にブレードがついていてそこにゴムが付いているのです。
主な取り替え方法は2つあり、ブレードを取り替えるか、ゴムを取り替える方法となります。
まずサイズがあるので車種とサイズを確認します。
簡単な方法としてはブレードごと取り替える方法です。これはアーム部分をよくみるとボタンのように押さえる箇所があり、それを押しながらスライドさせれば取り外すことができるので簡単に交換できます。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。